笠松運動公園での建設フェスタに参加

茨城県は、国土交通省及び建設産業の各種団体等と一体となり、県民の暮らしや経済活動に不可欠な社会資本整備の重要性と建設産業の魅力を広く県民に伝えることを目的に、平成29年10月29日㈰、午前9時から午後3時半まで、茨城県ひたちなか市佐和の笠松運動公園屋内水泳プール西側特設広場で、建設フェスタ2017を開催した。
フェスタは、全国で行われている建設フェスタの中でも最大級。「観る、触る、体験する」をテーマに、国土交通省関東地方整備局や茨城県土木部による道路や川、公園などの紹介「いばらきつくり」、花苗・苗木配布などの「無料配布」、高所作業車など「機械体験」などの各コーナーが設けられ、多くの来場者に建設産業の魅力を広くPRした。
茨造協は未来部会を中心に参加し、コニファーのミニクリスマスツリー作りや花苗の無料配布などを行い、みどりの大切さや造園業の役割などをアピールした。

当サイトのトップページです。
茨造協の活動目的、成り立ち、組織などについてご説明します。
茨造協の行っている様々な活動についてご報告します。
会員である茨城県内の造園業各社を支部ごとにご案内します。
■事務局
〒310-0804
茨城県水戸市白梅2-4-6
TEL:029(226)5691
FAX:029(226)5692

>ACCESS MAP