3県会議 街路樹の管理について意見交換

茨造協は9月13日、群馬県太田市で開催した「平成29年度関東三県公園緑地連絡協議会」で、街路樹管理などについての情報交換を行った。
街路樹管理について、栃木県造園建設業協会は、街路樹の果たす役割について新たに認識していただくとともに、必要な予算措置を行うよう要望。群馬県造園建設業協会は、平成26年度から協会の要望等によって、業務委託から工事に事業経費が移行し、経営審査事項のランク等を考慮して、各土木事務所から発注されていると報告。その上で、受注にあたって高い評価を得るために、造園工事・街路樹管理工事の現場書類検査の研修会を実施しているなどの取り組みを紹介。茨造協からは、猪瀬清次会長、橋本純一副会長、田中資康事業委員長、井坂秀夫技術委員長、宮本篤也環境部長、 川上嗣朗、小林政弘専務理事が参加し、会議の後、懇親会が行われた。
なお、三県会議は隔年開催で、その間に「青年部会議」を設置することとした。
次回は、茨城が開催県で、意見交換の時間を十分に確保するため、視察なしで実施する方針だ。

当サイトのトップページです。
茨造協の活動目的、成り立ち、組織などについてご説明します。
茨造協の行っている様々な活動についてご報告します。
会員である茨城県内の造園業各社を支部ごとにご案内します。
■事務局
〒310-0804
茨城県水戸市白梅2-4-6
TEL:029(226)5691
FAX:029(226)5692

>ACCESS MAP