県内11公園で一斉に「防災訓練」

茨造協から約200名参加、園内点検・防災トイレの設置行う

 茨造協は、平成30年度の防災訓練を県内各土木事務所で開催した。

 防災訓練は、各支部を主体に実施され、県北支部:2公園・91名、鹿行支部:2公園・20名、県南支部:5公園・79名、県西支部:2公園22名が参加し、防災訓練の対象となったそれぞれの公園において、園内パトロールなどの訓練を行った。

 茨造協は、茨城県と平成20年10月に災害時における応急対策業務などの実施に関する基本協定を締結し、その後発生した東日本大震災や関東・東北豪雨などの経験を踏まえ、詳細な災害対応に向けて各土木部出先事務所と細目の検討を進め、災害発生時に公園機能確保のための倒木などの障害物の除去、二次災害の防止活動、応急対策業務に係る技術的な助言などを行っていくこととした。

 防災訓練は、関係団体との協力体制の強化と災害情報共有化システムの活用を目的に実施され、県内全域に震度6強の大規模地震がはっせいしたことを想定し、午前9時にそれぞれの公園に集合。公園管理者が館内、茨造協が園内を点検・パトロールし、公園管理者が県都市整備課と所管土木事務所に報告。公園への被災者の受け入れ要請を受けての防災トイレの設置を行い、その準備開始と設置完了について、メールや災害情報共有化システムを用いるなどの実践を行った。

当サイトのトップページです。
茨造協の活動目的、成り立ち、組織などについてご説明します。
茨造協の行っている様々な活動についてご報告します。
会員である茨城県内の造園業各社を支部ごとにご案内します。
■事務局
〒310-0804
茨城県水戸市白梅2-4-6
TEL:029(226)5691
FAX:029(226)5692

>ACCESS MAP