県庁北側広場が明るく、美しく

茨造協 樹木剪定講習会を実施 会員ら60名が参加

茨造協は、造園建設業の技術・技能の研鑽と、適切な樹木管理をはじめ、業界や協会のPRを目的に毎年開催している「樹木剪定・管理のあり方講習会」を茨城県管財課の協力で3月22日、茨城県庁を会場に開催し、会員をはじめ60名が参加した。

当日は冒頭、田中資康茨造協会長が、剪定はより良い景観をつくることが目的のための手段であることを再認識し、美しい環境にしてほしいとあいさつ。

講習会は、卓越した技能者の飛田幸男氏をはじめ、ベテラン会員が講師を務め、剪定の役割や作業の安全確保などについての座学の後、実習を行った。

実習は、参加者が4つの班に別れて行い、講師の指導のもと、高木剪定や低木の刈り込みなどを行った。

実習の場となった県庁北側の広場は、剪定などにより、明るく美しい景観となり、技術・技能の研鑽とともに、改めて適切な管理の必要性をアピールする機会となった。

 

 

 

 

 

 

 

当サイトのトップページです。
茨造協の活動目的、成り立ち、組織などについてご説明します。
茨造協の行っている様々な活動についてご報告します。
会員である茨城県内の造園業各社を支部ごとにご案内します。
■事務局
〒310-0804
茨城県水戸市白梅2-4-6
TEL:029(226)5691
FAX:029(226)5692

>ACCESS MAP