笠松運動公園での建設フェスタに参加

茨城県は、国土交通省及び建設産業の各種団体等と一体となり、県民の暮らしや経済活動に不可欠な社会資本整備の重要性と建設産業の魅力を広く県民に伝えることを目的に、平成29年10月29日㈰、午前9時から午後3時半まで、茨城県ひたちなか市佐和の笠松運動公園屋内水泳プール西側特設広場で、建設フェスタ2017を開催した。
フェスタは、全国で行われている建設フェスタの中でも最大級。「観る、触る、体験する」をテーマに、国土交通省関東地方整備局や茨城県土木部による道路や川、公園などの紹介「いばらきつくり」、花苗・苗木配布などの「無料配布」、高所作業車など「機械体験」などの各コーナーが設けられ、多くの来場者に建設産業の魅力を広くPRした。
茨造協は未来部会を中心に参加し、コニファーのミニクリスマスツリー作りや花苗の無料配布などを行い、みどりの大切さや造園業の役割などをアピールした。

鹿行支部 潮来土木事務所と道路環境美化活動の継続など討議

茨造協鹿行支部は10月26日(木)、茨城県潮来土木事務所と意見交換会を土木事務所2階会議室で開催した。
意見交換会は、冒頭、日髙孝之技監兼潮来土木事務所長、大塚正勝茨造協鹿行支部長が挨拶。その後、①平成29年度の事業執行状況及び今後の執行予定、②緑化祭の成果報告等、③安全管理、④災害時における応急対策業務に関する細目協定について、意見交換を行った。
意見交換では、平成29年度の事業執行について、発注の平準化から4月~7月に早期執行として、除草工事13件を含め42件を実施。上半期の執行状況は61.4%であることなどが紹介された。
そのほか、意見交換会では、来年度に向けた道路環境美化活動の継続的な実施やこれらの社会貢献活動に対する加点について、総合評価における取扱などについて、意見を交わした。
なお、意見交換会は、潮来土木事務所から日髙所長をはじめ、柏谷技佐兼次長兼道路整備課長、西村公宏検査監、米川博之河川整備課長、岩崎英雄道路管理課長、上田芳弘主査兼事業調整担当官が参加され、鹿行支部からは、大塚支部長、安重勝副支部長、山中秋男理事、小神野勇治理事、大根久枝理事か参加した。

平成29年度関東甲信造園建設業協議会 千葉県で開催

茨造協は10月13日、千葉県中央区のオークラ千葉ホテルで開催した「平成29年度関東甲信造園建設業協議会」に参加し、造園工事減少に対する各都県の取り組みについて、情報交換を行った。 茨造協からは、猪瀬清次会長、橋本純一副会長、水庭博副会長、井坂秀夫理事、宮本篤也理事、飯村勝環境部員、小林政弘専務理事が参加し、井坂理事が発表を行い、県営大洗公園の松枯れ対策の取組み支援事業及び道路維持管理への除草剤活用の試験施工の取組みに関心が寄せられ、質疑を行った。
協議会後の現地視察は、幕張メッセ沖合の遊覧、千葉ポートタワー見学を行い、その後、懇親会を開催。冒頭、開催地から鈴木千葉県造園緑化協会会長が挨拶し、懇談の場となり、次回開催地の石原山梨県造園建設業協会会長の中締めで散会した。

常陸大宮土木事務所と「工事現場担当技術者研修会」開催

茨城県常陸大宮土木事務所は10月4日、工事現場担当技術者研修会を茨城県建設業協会大宮支部と茨造協県北支部の協力で開催し、茨造協からは県北支部会員ら約100名が参加した。
常陸大宮土木事務所管内では、除草工事に関する事故は発生していないが、今回改めて安全意識の徹底を図るために研修会を実施。研修にあたり、富田広美常陸大宮土木事務所長は、事故ゼロに向けて引き続き、事故防止に備えて欲しいと語り、講義では、杉山満水戸労働基準監督署安全衛生課長が、管内の労働災害発生状況や労働安全衛生法などについて解説し、建設業の死亡事故例を説明するとともに事故防止を呼びかけた。
次いで、除草機械の取扱について、大宮勝利共栄機器㈱代表取締役が横転事故が多いハンドガイド式草刈機について説明、二方代二郎茨城県木材協同組合連合会林業・木材製造業労働災害防止協会茨城県支部事務局長が肩掛け式の説明を行った。
今回の研修会は、県内で平成27年度から10件の事故が発生し、平成29年度もすでに2件の事故が起きており、その対策の一環として開催したもの。県土木部は9月12日、部内及び各出先機関の長宛に「除草工事等における労働災害防止対策の強化について」、安全管理の周知を再度徹底するように、①労働基準監督署に講師派遣を依頼し、安全に関する意識を高める工夫をすること、②除草機械の操作について、メーカー等に講師派遣を依頼し、操作取扱講習会を実施すること、③対象業者は受注実績のある業者等を対象とし、幅広く行うことを求め、受注者に対しては、機械の操作・点検、適用範囲は取扱説明書を厳守、入念な注意を払い、現場を反映した施工計画書を策定、計画に記載された安全管理の確認・指導、新規入場者教育及びKY活動等を徹底し、特に障害物等危険箇所に関する作業に注意を払うことなどの通知を行っている。

全国都市緑化はちおうじフェアを視察

茨造協未来部会は9月26日(火)、 研修会「第34回全国都市緑化はちおうじフェア現地視察」の研修会を実施いたしました。
参加者13名で、はちおうじフェアのメイン会場となっている東京都八王子市台町の富士森公園に向かい、主催者である八王子市の八王子市役所都市緑化フェア推進室のご担当者様にフェアの概要を説明していただきました。
その後、メイン会場を移動しながら、展示植物や実施されているイベントについて、解説をいただきました。

 (未来部会長 鈴木武士)

3県会議 街路樹の管理について意見交換

茨造協は9月13日、群馬県太田市で開催した「平成29年度関東三県公園緑地連絡協議会」で、街路樹管理などについての情報交換を行った。
街路樹管理について、栃木県造園建設業協会は、街路樹の果たす役割について新たに認識していただくとともに、必要な予算措置を行うよう要望。群馬県造園建設業協会は、平成26年度から協会の要望等によって、業務委託から工事に事業経費が移行し、経営審査事項のランク等を考慮して、各土木事務所から発注されていると報告。その上で、受注にあたって高い評価を得るために、造園工事・街路樹管理工事の現場書類検査の研修会を実施しているなどの取り組みを紹介。茨造協からは、猪瀬清次会長、橋本純一副会長、田中資康事業委員長、井坂秀夫技術委員長、宮本篤也環境部長、 川上嗣朗、小林政弘専務理事が参加し、会議の後、懇親会が行われた。
なお、三県会議は隔年開催で、その間に「青年部会議」を設置することとした。
次回は、茨城が開催県で、意見交換の時間を十分に確保するため、視察なしで実施する方針だ。

災害基本協定に基づき、出先事務所と初の細目協定を締結

茨造協は,茨城県と平成20年に締結した災害基本協定に基づき、その後発生した東日本大震災や関東・東北豪雨などの経験を踏まえ、より詳細な災害対応が求められていることから、茨城県土木部の出先事務所と相次ぎ細目協定を締結した。
初の細目協定締結は水戸土木事務所との「災害時における応急対策業務に関する細目協定」で締結式を7月4日、水戸土木事務所で行った。
締結式は、伊藤敦史水戸土木事務所長をはじめとする幹部職員と、茨造協から猪瀬清次会長、水庭博副会長、田中資康県北支部長、吉原利夫防災部長らが出席し、伊藤所長と猪瀬会長が協定書を交わし、その後、災害対策などについて意見交換を行い、今後の協力体制への認識を深めた。
8月31日には、土浦土木事務所(小杉俊一所長)と細目協定を締結した。
細目協定は、災害発生時の県営公園と緑地への応急対策として、公園機能確保のための倒木などの障害物の除去、二次災害の防止活動、応急対策業務に係る技術的な助言のほか、土木事務所が必要とする応急対策業務を実施することとした。
今後、茨造協は常陸大宮土木事務所、大子工務所、潮来土木事務所、筑西土木事務所、鉾田工事事務所、龍ケ崎工事事務所、常総工事事務所などの出先事務所と随時、細目協定を締結していく方針だ。

鹿行支部 初の「道路環境美化活動」に参加協力

茨造協鹿行支部(大塚正勝支部長)は8月25日、9月1日(金)~2日(土)に執り行われる鹿島神宮の「神幸祭」に際し、関係団体で一斉に行われる祭礼前の周辺道路美化活動に、鹿島神宮線の道路里親として、参加協力し、鹿島神宮線をはじめ、茨城鹿島線、鉾田鹿島線の清掃活動を実施した。
当日は、鹿島神宮駐車場に午前9時集合。茨城県潮来土木事務所、茨城県建設業協会潮来市部と協力、作業を実施し、参道(神宮線)のケヤキの下枝等の軽剪定も行った。

鹿行支部 「里親」3年目 鹿島神宮表参道の街路樹を剪定

茨造協鹿行支部は、茨城県道路里親ボランティ
アに賛同し、平成27年度から県道鹿島神宮線の街路樹剪定作業を行っており、3年目の今年は、7月31日、8月1日、4日に実施した。
事業は潮来土木事務所と鹿行支部が協議し、社会貢献のために里親制度の協定を結び、ボランティアで行っているもので、鹿島神宮表参道は地域の顔でもあり、今後も実施していくこととしている。

県南支部 青年部会と共同で剪定講習会を実施

 

 

茨造協県南支部(井坂秀夫支部長)は、県南支部青年部(張替晃一会長)と共同で7月30日に「剪定講習会」を開催した。
当日は、県南支部の会員30名が参加し、会場となった茨城県土浦土木事務所のシラカシやヒバ類の高木及び中低木の剪定方法について、橋本副会長をはじめとする県南支部役員を含む関係者が講師となり、脚立やはしごを使用した高所作業の安全も含め、実技研修も行った。

 

 

 

 

 

 

当サイトのトップページです。
茨造協の活動目的、成り立ち、組織などについてご説明します。
茨造協の行っている様々な活動についてご報告します。
会員である茨城県内の造園業各社を支部ごとにご案内します。
■事務局
〒310-0804
茨城県水戸市白梅2-4-6
TEL:029(226)5691
FAX:029(226)5692

>ACCESS MAP